発注側・受注側双方の豊富な経験で、Webシステム・企業ホームページの制作を業務分析・要件定義からご支援 マイカイソリューションズ

Webマーケティング実施事例

ホームページの概観診断や、ホームページの月次診断は、原則として、ある特定の1つのサイトに対して課題抽出を行うサービスですが、それを、数十・数百というサイトに同時に適用することによって、複数サイトを横断的に考察することができます。

がんに関するWebマーケティング調査事例

これは、厚労省の「第3次対がん戦略研究事業」の一環で行われた、帝京大学医療情報センターの「情報工学等の連携による国民・患者のリテラシー向上に関する研究」のための、受託調査です。

具体的には、がんに関する情報がWebスペース上でどのように提供されており、がん患者のかたをはじめ、がんに関心のあるかたがWebスペース上でどう行動しているのかの調査です。ご存知のとおり、がんに関する特効薬や完璧な治療法が確立されて
いないため、いわゆる3大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)だけでなく、さまざまな療法や健康食品などに関する情報がWebスペース上に溢れています。そのため、「最適な情報」の取捨選択が難しく、患者のかた自身の、「情報の選択に関するリテラシー」向上が重要になってくるという観点での調査です。

調査規模

(1)「がん」に関するサイト約2,000サイト(症例や、治療法、抗がん剤や施設、保険など分野は多岐)の中から、各種の重みをつけた抽出で「上位300サイト」に絞込み。

(2)上位300サイトに関しては、全てについて概観診断を実施。さらに、300サイトそれぞれと回遊関係にあるサイトを、平均して1サイトあたり10サイト抽出。これら10*300=のべ3,000サイトについても簡易概観診断を実施。

(3)上位300サイトの中から、地域や分野が非常に限定されたサイトを除き、「汎用的な」有力サイトについては、詳細なアクセス分析を実施。(あるいはアクセスログを一時借用して分析)

(4)分析から得られた知見に関して、検証のために、有力サイトについては、「医療従事者」「患者または近親者」のかたにアンケートを実施

反響その他

研究全体としての評価が高かったようで、AERA記事に取り上げられたり(下記上)、また、本研究を土台とした別論文も専門誌に掲載されました。(下記下)

マイカイソリューションズ・リミテッドはハワイ州に本社を持ち、日本で活動している情報システム企業です。
マイカイ(ma'ikai)とは、ハワイ語で「すばらしい」という意味。名前のとおり、顧客満足度の高いサービスをご提供します。

データベースシステム構築
企業ホームページリニューアル
ホームページの営業力UP
貴社ホームページ課題診断
Webマーケティング・調査分析
会社概要 / プライバシーポリシー
サイトマップ / お問合せ / Drupal TIPS

弊社代表 延江俊輝の書いたプロジェクトマネジメントの本です。進捗管理の計算方法などよりも、顧客接点のマネジメントに力点を置き、豊富な事例をもとに解説しています。