対症療法

オリンピックが閉会式を迎えた。とりあえず無事に終わって何よりだった。不祥事続きの上層部を見捨てたりせず、無責任な批判を繰り返す外野に負けずに頑張ったスタッフやボランティアのかたたちの努力の賜物に違いない。

「コロナ禍で開催するというのか!」とボロクソに批判を浴びながらもやり切ったことは菅政権の成果だと思うのだが、当の菅さん自身が「開催しちゃってごめんなさい」という陰気な表情しか見せないからこちらも微妙な気持ちになってしまう。

とにかく問題はコロナだ。NIKKEIのTVCM、「コロナ後の世界はどうなるのか」「そもそもコロナはいつ終わるのか」というのは、今や万人が気にしていることだろう。

NIKKEIを読めば答がわかるというわけでも無いだろうが、「ちゃんと考えてみろ」と言われたような気がしてこれを書いている。

コロナに関しては、菅総理も小池知事も、もはやTV画面に顔が映っただけで不快感が襲ってくるほど、来る日も来る日もその場しのぎのテキトーなことしか言わない。

・・・と憤るのは簡単だが、コロナウイルスが目に見えず、なおかつしょっちゅう厄介な変異を起こしたりして誰も正確に未来を見通せないのだから、リーダーシップを取るべき人たちは対症療法に明け暮れざるを得ない。すべてが後手後手になるのは当然だ。

誰がトップに立っていたとしても結局は似たような事態になったに違いない。

そしてもっと酷い対症療法に明け暮れて、しかもそれに満足しきっているのが野党とマスコミだ。リーダーが色々とブレているのをいいことに、そのブレに合わせて批判だけを繰り返すという、ブレの連成振動を起こしている。自分たちで具体的な解決策などまるで考えずに、政権が何もしなければ「医療崩壊」、何かしたら「経済崩壊」と、まったく無責任に不安だけを煽りまくるからタチが悪い。それぞれオリンピックは存分に楽しんでいたようだが。

————-

某国のように私権を制限することに何の躊躇も無い国であれば効果的な対策が打てる、という人がいる。日本でもくふう次第て有事立法的に似たようなことができるはずだという人もいる。

しかしそれは対症療法の効率を上げているだけだし、何よりも「平時のときの私権制限」につながりかねないという巨大な副作用がある。

では結局状況を静観(達観?)して政府や都には何も期待せず、個人的に対策を図るしかないのだろうか?感染しないための手段と、収入を継続させるための手段の両方を。

・・まずはそれが一番なのだとは思う。ただ、いっぽうで、「政府や都」といった大きな資金を持った大きな組織には、もっとやるべきことがあったと思うのだ。対症療法ではなく、感染そのものを直接予防する仕組みの開発だ。

————–

ファイザーやモデルナのワクチンは、予防効果もある程度あるが、それよりも「重症化しにくい」というフェイルソフト的な位置づけのようだ。最近名前を聞くようになった抗体カクテル療法なども「罹患しても治療できる」という意味であればフェイルセーフ的なものだろう。

ぼくが期待してやまないのは「フェイルしない」、要するに「感染しない」仕組みのことだ。

ウイルスそのものが根絶できればそれに越したことは無い。ただ、鳥インフル発生時に鶏を何百万羽も皆殺しにするようなやりかたを人間に行ってしまったのでは本末転倒だ。

なので、ウイルスそのものはとりあえず存在は許すしか無いが、それを人間の体内に取り込まないようにする直接的な仕組みづくりにもっと力を入れるべきではないだろうか?もしも誰もウイルスを取り込まないようになれば、結果としてウイルスも宿主を失って滅びるしかないはずだ。

—————

いろんな憶測やデマが飛び交っている中、唯一、信じて良い真実と思われるのが「コロナウイルスは飛沫感染しかしない」ということだ。逆にこれは1年以上も前からわかっていたことでもある。

日本では「飛沫」には厚労省が決めている定義があって、5μm以上の大きさのものを指すらしい。昨年の春、コロナの流行り初めにはこの手の議論が各所で見られて、「布マスクは隙間数十μmもあって無力」という話もあった。

逆に、ウイルスの大きさは0.1μm程度なのだから、「PM2.5対応(隙間が2.5μm)程度の不織布マスクも無力」と偉そうに言い切っている「有識者」もいた。

でも、常識的に考えれば「大きな飛沫ほど(ウイルスが大量に含まれているので)感染力が高く、小さな飛沫ほど感染力は低い。水分がまったくないむき出しのウイルスが空気中に飛散していてもほとんど感染しない。」という単純なことなのではないだろうか?

当時はウイルスを毒ガス扱いしたり、皮膚感染するかのような報道も多かったので日々ゲンナリしていたが、さすがに今では「飛沫感染しかしない」「気管支に入り込まない限り大丈夫」というのは常識になってきたと思う。

—————

だから、マスクの効果は絶大だ。飛沫自体も結構防いでくれる上、何よりも重要なのはマスクをしていれば汚染された指で鼻や口を直接触らなくて済むという効果だ。

布マスクよりも不織布、呼吸困難をいとわなければN95マスク、そしてマスクと顔の間の隙間もできる限り無くしたほうが効果的だとは思うが、「鼻や口を指から守る」ということに限れば普通の布マスクでも充分だ。

「手洗いうがい」は効果がゼロとは思わないが、限りなくナンセンスだ。四六時中手洗いうがいをしていられる特殊な人には効果があるだろうが、1日中外で働いて、家に帰ってからおもむろに手洗いうがいをする頃には充分感染し終わっている。

それよりも最大の問題は「飲食のときにはマスクをはずさざるを得ない」という1点だと思う。さらにそれが会食であれば「ノーマスクでの飛沫飛ばし合い」になる可能性が非常に高まってしまう。

「飲食を妨げないフェイスシールド」というものがいくつか市販されているが、実際に着用して飲食している人を見たことが無い。ぼく自身も「あまりに大げさで面倒そう」というイメージで腰が引けている。

今では多くの飲食店が飛沫防止パーティションを備えてはいる。が、大きさもレイアウトもまちまちだ。それに気にしないといけないのは大きさだけではなく、風向きとの関係だ。

—————-

このあたりを細かく研究して、場合によっては人為的に風を起こすことも含めて、「効果のあるパーティション設置」を、飲食店などに義務付けることはできないのだろうか?もちろんそれに伴う費用支出は政府が負担しないといけないが、店は通常営業できる。無理やり休業に追い込んで、補償金を支払う必要が無いのだから政府の予算としても割安のはずだ。

この根っこのところをテキトーに流しておいて、人流抑制だの県外に移動するなだのという隔靴掻痒みたいな施策しか打てないのはなぜなんだろう・・・?