レヴィ・ストロース 「神話論理」

受け売りをそのまま書くと、『構造人類学の探究の頂点、20世紀思想の金字塔。クロード・レヴィ=ストロースの主著『神話論理』全5巻(フランス語版原著全4巻)は、III 『食卓作法の起源』まで翻訳刊行が進みました。』

とあるので、とりあえず既刊の3巻分を借りてみた。

しかしとにかく、敷居が高いというか、ハードルが高い。

まずは物理的なハードルの高さから。

各巻それぞれ600ページくらいある大著のハードカバーで、電車の中で読むなんて無理。それぞれ、最近のノートPCよりも重い。価格もかなり高い。とりあえず買って、そのうち読もうというには、各巻8000円くらいするので、ちょっとためらわれる。

そして、何といっても内容のハードルが高い高い。

数百の神話を、極めて精緻に分析・分類することによって、思考のシニフィエとでもいうべきものを導き出していく過程が延々と続く。導出する過程で様々な対比軸や分類軸が提示されるが、どうしてそれらが対比軸に成りえるのかを理解するのが大変。

例えば、昼の太陽は、夜の天の川として表現され、夜の月は昼の虹として表現されるという。これはこれで、(昼間でも月は見えるじゃん・・・)などというツッコミを入れたくなるが、まだ直感的に理解可能な範囲。

しかしこれらを構造的に図示すると、天の川と虹が直行し、そのまわりをとりまく円周上に、太陽・月・星座が「1日の結合価」「月間の結合価」「年間の結合価」「季節の結合価」という説明を解して取り巻くような図が出てくるに至ってはさっぱりお手上げ。レヴィ・ストロースの考え方というか、脳内を理解しないと、多分、読めない。

「神話論理の森へ」という入門書があるようなので、やはりそちらから入って行こうか。。。

※ちなみに、この↑文章を書いていたのは2年ほど前(2009年)だったのだが、そのすぐ後、2009年10月30日に、レヴィ・ストロースは満100歳で亡くなった。また、2010年、第4巻(上下2冊)が刊行され、完結した。

みんぱく(国立民族学博物館)★

年数回のペースで通い始めてから、もうかれこれ20年以上になるかもしれない。

万博公園の中にあるので、大阪に土地勘のある人はわかると思うが、「何かのついで」に行けるようなところではなく、「よっしゃ行くぞ」と気合をいれないとなかなか難しい。最近(とはいえ10年以上前だが)モノレールの駅もできたのだが、そこからも徒歩15分くらいかかる。

気候も良くて気持ちに余裕があるときは、途中の自然公園を楽しみつつ、妙にたくさんいるカラスが威張っているのを眺めたりしながら楽しく歩けるのだが、猛暑のときなどはちょっと厳しい。

しかし、そのくらいの苦労をかける価値は十分にあってお釣りがくる施設なのだ。今年(2011年)の3月にオセアニア展示がリニューアルされた後まだ訪れていなかったので、猛暑にもめげず行ってきた。

ハワイの生協の実物大展示などはどこかに行ってしまっていたが、全体にすっきりして見やすくなったという印象。フロアの床が巨大な太平洋地図になり、そこに立つと、目玉展示のチェチェメニ号(※1)が凛々しく見える。

展示品の中ではひときわ大きく人目を引くチェチェメニ号だが、全長は10メートル程度、幅は50センチくらいしかない。こんなカヌーが、足元に見える幅数千キロの太平洋を自在に航海していたことを考えると、それだけでちょっと感動してしまう。

たしか数年前にも『オセアニア大航海展』という企画展があり、これは同時期にオークランド(NZ)の国立博物館で開催されていた「Vaka Moana(※2) – The untold story of the world’s greatest exploration」という企画展示の日本語版だったのだが、そのときの『海の人類大移動』というキーワードをより明確に打ち出したような印象がある。

今年は、オセアニア展示のリニューアルとも絡めて、『夏のみんぱくフォーラム2011 どっぷりオセアニア』を開催中だ。7月から8月の週末に、フラやカヴァやマオリのイベントが続々開催されるらしい。できれば毎週でも通いたいくらいだが、そう都合よく出張を作れるものでもないので、ちょっと悲しい。

————
※1:チェチェメニ号
ミクロネシアの片隅にサタワル島という小さな島があるのだが、21世紀の現代でも、GPSはもちろんのこと、羅針盤すら使わず、星や風や波を見て太平洋を航海する航海術(Star Navigationという)が伝えられている。ハワイの有名なホクレア号の航海士、マウ・ピアイルグもこの島の出身。チェチェメニ号は1975年、沖縄海洋博のためにサタワル島からStar Navigationで来日参加したアウトリガー・カヌー。その実物がみんぱくに展示されているのだ。

※2:Vaka Moana
直訳すると大洋のカヌー、というような意味。(たぶん、ほぼ全ポリネシアで共通の単語。)この年たまたまぼくはオークランドの国立博物館を訪れており、2か国でVaka Moanaを見た、という、つまらない自慢(笑)

さくら通りと阪本町公園

数年前に気が付いたことがあるのだが、どうやらぼくは「木漏れ陽(こもれび)」というのが好きなようだ。なんかいいな、とか、ちょっと好き、という感じではなくて、いい感じの木漏れ陽さえあれば、「もう人生これでいいや(笑)」というほど幸福感でつつまれてしまう。ぼくの脳はなんて単純な仕組みなんだろう・・・

毎朝、茅場町で電車を降りると阪本町公園という小さな公園で一服し、その後おもむろにさくら通りに面した事務所に出勤、というのが日々の行動パターンなのだが、この坂本町公園もさくら通りも、じつに木漏れ陽が綺麗なのだ。

もちろん、気持ちよく晴れた日というのはそうそう毎日は続かないわけで、1年の3分の1くらいは、幸福な気分につつまれて出勤し、残りの日はちょっと残念な気分で仕事を始めるということになる。(冬の間は桜は葉を落としてしまって木漏れ陽にはならないのだが、そのかわり、澄んだ青空がとても高いところに広がることが多く、それはそれで好ましい。)

というわけで、もしも私にお願いごとをしたいかたがいれば、東京都中央区あたりが気持ちよく晴れた日の朝、ご連絡をいただけると大変に機嫌よく引き受けさせていただきます。(^^)

さくら通りの風景 坂本町公園の朝
さくら通りの風景 坂本町公園の朝

レヴィ・ストロース『神話論理』の森へ

(私には)難解だった「神話論理」に、ガイドブックとしての本書があることを知り、さっそく読んでみた。

7人くらいの「有識者」の人たちが、それぞれの立場で、レヴィ・ストロースについて色々と語っている。

しかし、ガイドブックとして、「ほほぅ、そういうことだったのか」という思いで読めたのは、中沢新一による解説だけであった。この解説は非常に明晰で、神話論理の中でハードルが高いなと感じられていた様々な定式化が、この解説で一気にわかりやすくなる。そうか、群論の考え方だったのか、など。

ところが、他の人たちの解説?は、神話論理と正面から向き合ったものは1つもない。せいぜい「感想文」といえる程度のものばかりで、大半は、レヴィストロースではなく、自分のフィールドでいろんな話を語っているだけ。それらを読んだからといって「神話論理」が読みやすくなるわけでは全くない。

渡辺公三(多分、大物?)によるレヴィストロースへのインタビュー記事もあるが、読んでいてちょっと痛々しくなるような記述。頑迷で自説を曲げない「痛い」学生が、必死で先生に食い下がっては「それは違うよ」と何度もあしらわれているような感じ。

あの池澤夏樹も解説を寄せているというので期待して読んだのだが、彼に至っては、実は神話論理をほとんど読まずに書いたのではないかと思ってしまうほど。「結局はデカルトを受け入れるかどうかだ」というのは、あまりにも飛躍しすぎではなかろうか。「一を聞いて十を知る」というと格好いいが、「一しか聞いてないのに、十も二十も語っているのではないか」という疑いが濃厚。

とにかく、『神話論理』に真面目に取り組もうと思っているのであれば、中沢新一の記事以外は読んでもムダ。「レヴィストロース」の熱心なファンで、「レヴィストロースに関することなら何でも知りたい」という人にとっては
満足度7割くらいというのが、本書を読んでの感想。

ニッタカ、三越、科学博物館

ニッタカ(日本橋高島屋)と日本橋三越、上野の国立科学博物館の共通点は何か?

答はアンモナイト。それぞれ豪奢な大理石を建材として用いているため、大理石の中に埋め込まれたアンモナイトやベレムナイトの化石を見ることができるのだ。

(1)国立科学博物館
・・・博物館なので、わざわざ建材の中にアンモナイトを探さなくても、立派な展示品としてのアンモナイトを飽きるほど見ることができる。しかも日本館と地球館それぞれで、別の視点で展示しているという念の入れようだが、それはそれとして、下記が現物。日本館の階段の壁面にもあるようだが、写真の中央ホール2Fのものが一番わかりやすいようだ。

(2)日本橋三越
ここの化石は有名なので、店員に尋ねる人が多いのか、とうとう立派な展示品になってしまった(笑)。

(3)高島屋日本橋店
ここの化石も有名なのかな?貼り紙つき。

(4)東京メトロ三越前駅のB1通路
実はここの通路の埋蔵量や保存状態が圧巻。上記3か所全部足してもここにはかなわない。大理石に埋もれているアンモナイトを最初に偶然見つけたのは、関西に住んでいた時に難波のOCATでのことで、あそこのアンモナイトも見事なものが多かったが、数ではこちらの勝ちかも。

旅の図書館

意外と知名度の低い施設なのだが、ぼくのお気に入り図書館の1つ。東京駅に隣接した第2鉄鋼ビルという古いビルがあるのだが、その地下1階にある。(財)日本交通公社(JTBの親会社)の運営。

目立つ看板もないし、地下1階に入るには無愛想な鋼鉄の扉を開けないといけないので、普通に考えれば来る人を拒んでいるようにも思えるのだが、いったん足を踏み入れるとそこは楽園(笑)。

国内・海外のガイドブックや地図・紀行文などだけで3万冊以上の蔵書があるのだ。パンフレット類もたくさんあり、国や地域別に箱に入れられている。メジャーな国に旅行するにはわざわざここに足を運ぶ必要はないかもしれないが、あまり旅行者が多くなさそうな、キリバスとかトケラウとかビトケアン諸島とか(例が太平洋に偏っているかもしれない(笑))に行こうとする人には、とにかく、今の日本で入手できる情報が全部あるといっても過言ではない。

それに、旅行好きに加えて、飛行機好きの人にもこたえられないのは、国内外、数十種類の機内誌がここで読めること。機内誌というのは、基本、退屈しのぎのための雑誌ではあるのだが、時々、機内誌にしか掲載されないような面白い記事もあってなかなか捨てたものでは無い。また、値段が高くて個人で購入するにはかなりの勇気が必要なOAGの航空時刻表も完備しているので、複数の航空会社にまたがって小さな国々を巡るようなフライトプランを立てることもできる。

また、鉄分が多い人、特に乗り鉄や時刻表鉄にとっても垂涎の場所。歴史的にもなんと明治5年の時刻表から置いてあるらしい。
機内誌とかOAGの時刻表たち
データ:
開館時間:月曜~金曜の10:00~17:30
休館日:土日祝及び年末年始と棚卸期間
URL:http://www.jtb.or.jp/library/

サマータイム

以前、アメリカ西海岸からハワイに行った時の出来事。

時期はちょうどハロウィーン(10月31日)の前後で、ロサンゼルスはお祭りムード。そして、アメリカへの旅行者にとってハロウィーンと並んで重要なのは10月の最終日曜日をもって夏時間が終わることなのだ。

なぜ重要か?普通に滞在しているだけならば、夏時間終了とともに時計を(現地時刻に合わせているのであれば)1時間戻すだけの話。

ところが標準時をまたがって移動するような旅行者にとっては、元々書かれていた飛行機の出発・到着時刻というのが夏時間終了とともに変わるのか、あるいは自分の時計のほうを戻しておけば夏時間とか関係なしに、書かれた時刻どおりに読めばいいのか、ちょっとよくわからない。(未だによくわかっていない)

まあ、そんな状況の中でロサンゼルスからホノルルに移動。そのときはカウアイ島で1泊することにしており、カウアイ島で迎えた夏時間終了。根が周到な私なので(そう思っているのは私だけかもしれないが)、時計はきっちり1時間遅らせた。

翌日は再度ホノルルに向かう予定で、ホテルからカウアイ島のリフエ空港に向かうタクシーの中での会話。

運転手:「飛行機は何時?」
私:「午後2時だよ」
運転手:「はぁ?もう2時やで」
私:「何言ってるの。昨日でサマータイムが終わったやんか。そやから今は1時。ほれ」(と腕時計を示す)
運転手:「サマー・・・タイム??何それ?」
私:「は?サマータイムいうたら、夏の間だけ時計を進める例のアレやんか」
運転手」「あー、あれか、Daylight Saving Timeのことね!」
私:「(daylight・・・??そう言うのか?)そうそう、その事!」
運転手:「そやけどハワイにはそんなもんあれへんで」
私:「えっっっ???」

そう、ハワイは立派にアメリカの州でありながら、夏時間制度はなかったのだ。おまけにサマータイムというのは和製英語だったというのもこのとき初めて知った。そして当然、飛行機には乗り遅れ。カウンターでしどろもどろの言い訳をしていたところ、アロハ航空(当時)の優しい係員は、「OK、わかった、次の便に乗せてあげるよ」とのこと。何て素晴らしいサービス・・・

とにかく、カラダで覚えた英語。Daylight Saving Time。

※アロハ航空は2008年に破産。

マイレージプラスとワンパスのマイル統合★

昨年、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空が経営統合し、「大」ユナイテッド航空になった。それぞれに10万マイル強のマイレージを持っているぼくとしては、マイレージ統合の行方を結構気にしていたのだが、本日、具体的なマイレージ統合手続きのメールが来た。
(ひょっとするともっと以前に来ていたのだが、『早くしろ』という催促だったのかもしれない(笑))

手続きは全てWebで可能で、UA→CO、CO→UAどちらでも可能だとのこと。

実際やってみると、「住所が違う」といわれてしまったが、居住地のCHIBAが、CITYなのかPREFECTUREなのか、それぞれのアカウントで解釈が異なっていたことによるようだ。

まあそれは速やかに解決して、実際に移行手続きを始めてみると、これが極めてスムーズで気持ち良い。ぼくは、なんとなく大が小を兼ねるような気がしてCO→UA向きに移行したのだが、部分移行も可能だったようで、移行するマイル数を入力すると(たぶん)ajaxで、みるみる残高が変わっていくのがわかる。

UA、COそれぞれに数百万人の会員を擁する巨大なマイレージシステムで、ぼくなんかは平会員だが、エリート会員制度もそれぞれ結構複雑だったと思う。それがこんなにオープンに、スムーズに手続きできたというのは、よほど優秀なシステム会社が担当したのだろうな・・・と、本当に感心してしまった。

ちなみに、ぼくは本当の意味でのコンチネンタル航空には一度も乗ったことが無い。太平洋方面に出かけるにあたって「コンチネンタル航空」はわりと良く利用するのだが、それは、元々「コンチネンタル・ミクロネシア航空」というか、さらにさかのぼれば「エアー・ミクロネシア」だったはずなのだ。

なので、ぼくの頭の中では、コンチネンタル航空のハブ空港はというと、行ったこともないヒューストンではなく、あくまでもグアム空港だったりする(笑)。

——
後日談(2011.7.20)
せっかくマイレージプラスに統合したのに、なぜかワンパスのほうが予約が取りやすいということがわかり、何とかマイル配分を元に戻せないかと思ったら、いとも簡単に戻せてしまった。
何度でも好きなだけ配分できるとのこと。
ホントにすばらしいシステムだ。。

光と風と夢(中島敦:中島敦全集I収録)

「宝島」などで有名なR・L・スティーブンソン(以下RLS)がサモアで暮らしていたときの日記「ヴァイリマ・レターズ」に中島敦が要所要所で解説を加えて仕上げた作品。
かつてRLSが暮らしていたサモアの家は、現在、スティーブンソン博物館として公開されているほどの立派なもの。・・・という程度の知識はあり、そのため、我ながら偏見だとは思うが、RLSについては「途上国で君臨していた白人のブルジョワ」というイメージもあったのだが、この作品でかなりイメージが変わった。

———
RLSはもともと病弱で、南海の優しい気候が転地療養に良いだろうということでサモアに移り住んだのだが、19世紀末の当時はまだ植民地主義が残っていた時代で英米独の3カ国がサモアを牛耳り、搾取していた。

そんな中、サモアにもサモア人にも好感を持つRLSは積極的に現地に溶け込もうとするものの、そういう姿勢は白人の支配層から反感を買う。RLSは当時既に名の通った文学者であり、いわゆる名士でもあって現地の人たちからも「ツシタラ(語り部)の酋長」としての尊敬を集めたという。

従って、本人が意図したかどうかは別として「土人の味方で反政府派」というようなレッテルを貼られてしまうようなのだが、本人は、少なくとも作品中では、そのことをそんなに深刻視していないようにも見える。(もちろん、色々と東奔西走している様子ではあるものの)

さらに少し驚くのは、病弱で、何かというとすぐに喀血してしまうような自身の健康状態についても割と達観してしまっているようだ。むしろ、自分の作品の出来不出来や、これまでの半生を振り返っての内省的な苦悩、さらには多くの家族や使用人を養うための経済的な苦労のほうが本人にとっては深刻な問題だったように思える。

日記の随所に、サモアの美しい景観についての記述が出てくる。
「・・・色無き世界が忽ちにして、溢れるばかりの色彩に輝き出した。此処からは見えない、東の巌鼻の向うから陽が出たのだ。何という魔術だろう!今までの灰色の世界は、今や濡れ光るサフラン色、硫黄色、薔薇色、丁子色、朱色、土耳古玉色、オレンジ色、群青、菫色・・・金の花粉を漂わせた朝の空、森・・」
等など。

RLSの感性に大変に惹きつけられる作品。他の作品も読んでみたくなる。

HAWAII FIVE-O

24やプリズンブレイクなどと同じような海外TVドラマシリーズ。1968年から12年続いた人気番組だったが、そのリメイク版が2010年から始まって、日本でもAXNで観られるのでしょっちゅう観ている。

舞台はタイトルどおり全編、ハワイ。全作観たわけでは無いが、ストーリー自体は、まあ可も無し不可も無しといったところか。(なんだか上から目線だ・・)それでも夢中になってしまうのは、とにかく、撮影シーンがいちいち風光明媚なのだ。あんなところに行ってみたいなとか、住めたらいいなとか、ストーリーとはあまり関係ないところで目が釘付けになってしまう。ハワイ州観光局やハワイアン航空がスポンサーになっているのもうなずける。

ただ、風光明媚とはいえもちろん観光客目線での話ではなく、殺人事件やら何やら物騒な話がテーマの警察ドラマなので、観光客にはなじみの薄い場所がたくさん出てくるのも面白い。刑務所など警察関係の施設とか、事件が起きる場所なども、ワイパフとかカネオヘとか、the busのルートマップでしか見たことが無いような場所が多い。

ハワイに何度も行っていても、「クアロアビーチ」とか聞いてすぐには正確な場所が浮かばない人が多いためか、AXNが面白いサイトを提供している。その名も『HAWAII MANIA』↓
http://axn.co.jp/program/hawaii5-0/hawaiimania/

1話放送される都度、各話に関するクイズが掲載される。例えば第11話だと、「冒頭のフィッシングの舞台は?」というクイズで、3択の中から正解(クアロア・ビーチパーク)を選ぶと、地図がスクロールして該当の場所にピンが刺さり、解説が表示されるというもの。(どうやらGoogle Mapを細工しているらしい。Google Mapをこんな使い方ができるのか、という点でも一見の価値あり)

まあとにかく、観光地としてのハワイを再認識できるという意味でも、ハワイはなんだかんだいってもアメリカ合衆国の中の都会の1つだということを再認識できるという意味でも興味深いドラマ。今年(2011年)の9月からはシーズン2が始まるらしい。是非日本でも引き続き放映されることを希望(^^)。